ブランシュたかやまスキーリゾート
〒386-0601
長野県小県郡長和町大門3652
TEL.0268-69-2232
FAX.0268-69-2540
信州 立岩和紙の里 
〒386-0603
長野県小県郡長和町古町22-1
TEL.0268-68-3874
FAX.0268-68-3895
長門温泉やすらぎの湯
〒386-0603
長野県小県郡長和町古町2436-1
TEL.0268-68-2601
FAX.0268-41-2068
和田宿温泉ふれあいの湯
〒386-0701
長野県小県郡長和町和田4329
TEL.0268-88-0001
FAX.0268-88-0022
姫木平自然の家
〒386-0601
長野県小県郡長和町大門3515-29
TEL.0268-69-2417
FAX.0268-69-2424
 

代表よりごあいさつ

   
株式会社長和町振興公社は新しい役員体制になりました。9月30日開催の臨時株主総会並びに取締役会において、代表取締役社長に就任致しました長和町長の羽田健一郎でございます。

新体制では取締役を8名から6名に減らし、それぞれの取締役に担当部門を受け持って頂き、役員と社員が一丸となって同じ目線で、同じ目標に向かって努力してまいります。

長 和町振興公社は平成12年、前身である長門町振興公社として設立されました。それまでは町が直接経営をしていましたが、町が事業展開していた企業的事業に ついては、民間の企業的経営感覚と活力の導入、機能性、より専門的な対応、独立採算の追求、各事業の一層の経営改善と効率的な事業運営、さらには地域振興 と住民生活文化の向上に寄与するといった高い理想を掲げて設立されました。
 
   
公社設立から14年が経過した今日、振興公社を取り巻く環境は大きく変わりました。当初は順調に推移していた基幹事業であるブランシュたかやまスキーリ ゾートについては、スキー人口の減少、東日本大震災、中央道笹子トンネル内崩落事故、異常気象による豪雪等が逆風となり、また、レジャーの多様化や少子高 齢社会の影響もあり、三期連続の赤字とうい運営を余儀なくされています。

本年はスキー場開場30周年という節目の年を迎えます。フャミ リーに優しく、スキーヤーオンリーのスキー場として愛されてきたことに「ありがとう」という感謝の気持ちをこめて、30周年特別プランをいろいろを用意さ せて頂きました。お客様に愛されるスキー場を目指し、質の高いサービスの提供に努めてまいりますので、是非白銀の世界に足を運んで頂きたいと思います。

また、福祉的要素の強い温泉施設も施設の老朽化や燃料の高騰などにより苦戦を強いられています。本年10月1日からは、入場料の改定を行い、町内と町外に分かれていた料金を統一いたしました。町民の皆様には実質値上げとなりますが、ご理解をお願いしたいと存じます。

なお、10月25日には「やすらぎの湯」の来場者が300万人に達する予定であります。SBCラジオで午後1時から2時間の特集を組み300万人達成イベントを実況中継致します。あなたが300万人目になるかも知れません。是非お出かけ頂きたいと存じます。

2020年のオリンピ・パラリンピックの開催地が東京に決まりました。オリンピックの開催地決定は、単なる祭典の決定ではなくて、大きな経済効果が期待できます。今後それに向けた、さまざまな分野で新たな動きや息吹が次々と生まれてくると思います。

こ のことは振興公社にとっても追い風であり、新たな役員体制を整えたことと併せて、振興公社が未来に向けて輝き続けることが出来るかどうかの分岐点を迎えて いると認識しております。未来を見据え、自らが取り組むべき課題に対し正面から向き合い続け、役員・社員が一丸となって株式会社振興公社を、新たな次元へ と飛躍させるべく、尽力してまいりたいと思っています。

皆様の温かいご支援ご協力ご理解をよろしくお願いいたします。
株​式​会​社​長​和​町​振​興​公​社​の​位​置​
qrcode.png
http://nagawamachi.jp/
モバイルサイトにアクセス!
110815
<<長和町振興公社>> 〒386-0603 長野県小県郡長和町古町2436-1 TEL:0268-41-2067 FAX:0268-41-2068