ブランシュたかやまスキーリゾート
〒386-0601
長野県小県郡長和町大門3652
TEL.0268-69-2232
FAX.0268-69-2540
信州 立岩和紙の里 
〒386-0603
長野県小県郡長和町古町22-1
TEL.0268-68-3874
FAX.0268-68-3895
長門温泉やすらぎの湯
〒386-0603
長野県小県郡長和町古町2436-1
TEL.0268-68-2601
FAX.0268-75-2601
和田宿温泉ふれあいの湯
〒386-0701
長野県小県郡長和町和田4329
TEL.0268-88-0001
FAX.0268-88-0022
姫木平自然の家
〒386-0601
長野県小県郡長和町大門3515-29
TEL.0268-69-2417
FAX.0268-69-2424
 

泉質と効能

 

泉質と効能

泉質と効能
 

和田宿温泉ふれあいの湯の泉質は、

「カルシウム・ナトリウム硫酸塩温泉(弱アルカリ性低張性低温泉)」です。

一般に「カルシウム硫酸塩温泉」は、カルシウムの鎮静効果により、昔から「傷の湯」「中風の湯」といわれ、高血圧症、動脈硬化症、脳卒中、慢性関節 リューマチに効果があり、打身、切り傷、火傷、痔疾、捻挫にも良いされ、皮膚病では乾癬(かんせん)、慢性湿疹、ニキビ、皮膚のかゆみにも良いとされてい ます。

また、「ナトリウム硫酸塩温泉」は、高血圧症、動脈硬化症、外傷に効果があるといわれてます。

さらに「弱アルカリ性温泉は、肌の角質を取る「美肌の湯」、

低張性温泉は、カラダに水分を与えてくれる「うるおいの湯」、

低温泉は、加温による湯温調整が出来る「成分そのままの湯」となります。

 

和田宿温泉ふれあいの湯は、上記の効能を併せ持つ良質な温泉であり、固有の適応症は「動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病」とされています。もちろん、「神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後の回復、疲労回復、健康増進」といった一般的な温泉の効能も大変好評です。お子様からご年配の方まで安心してお楽しみいただける温泉です。

 

源泉をお楽しみください!

源泉をお楽しみください!
 

男湯・女湯とも浴槽の浴室入り口側に仕切られたお風呂は、「源泉そのまま」の加熱していない温泉を常時流しています。温度は低めですが、和田宿温泉の源泉をゆっくりとお楽しみください。

 

温泉分析書

温泉分析書
 
温泉表示
温泉地名:和田宿温泉

源泉名 :小日影の湯 1号泉

湧出地 :長野県小県郡長和町和田字小日影4376番2

泉 質 :カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(弱アルカリ性 低張性 低温泉)

泉 温 :源泉28.6℃(気温20℃) 使用位置41℃

 

含有成分

水素イオン濃度 pH 8.30

蒸発残留物   2279 mg/kg

試料1kg中の成分の分量

(1)陽イオン成分(mg) (2)陰イオン成分(mg)
 水素イオン(H+  フッ素イオン(F
1.7
 リチウムイオン(Li+
0.07
 塩素イオン(Cl
61.9
 ナトリウムイオン(Na+
159.8
 臭素イオン(Br) 
 カリウムイオン(K+
2.8
 ヨウ素イオン(I) 
 アンモニウムイオン(NH4+  水酸イオン(OH
 マグネシウムイオン(Mg2+
3.1
 硫化水素イオン(HS
 カルシウムイオン(Ca2+
480.3
 硫酸水素イオン(HSO4
 ストロンチウムイオン(Sr2+
2.3
 硫酸イオン(SO42- 1425
 バリウムイオン(Ba2+  リン酸二水素イオン(H2PO4  -
 アルミニウムイオン(Al3+
0.03
 リン酸一水素イオン(HPO42-
 マンガンイオン(Mn2+
0.8
 炭酸水素イオン(HCO3
6.1
 鉄(II)イオン(Fe2+
0.3
 炭酸イオン(CO32
6.0
 亜鉛イオン(Zn2+)
   
     
 
 
(3)①非解離成分
mg
(3)②溶存ガス成分
mg
 メタケイ酸(H2SiO3
25.1
 遊離二酸化炭素(CO2
 メタホウ酸(HBO2
2.6
 遊離硫化水素(H2S)
 メタ亜ヒ酸(HAsO2
 
 
       

 

溶存物質(ガス性のものを除く)2178 mg/kg  

成分総計           2178 mg/kg

 

温泉分析年月日:平成24年6月5日

登録分析機関 :社団法人 長野県薬剤師会

登録番号   :長野県第2号

 

適応症及び禁忌症

(1)適応症(温泉が効く疾患及び症状)

温泉に共通する適応症:

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症 冷え性 病後の回復、疲労回復、健康増進

この温泉固有の適応症:

動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病

 

(2)禁忌症(入浴を控えた方が良い疾患及び症状)

温泉に共通する禁忌症:

急性疾患(特に熱がある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

この温泉固有の禁忌症:

 

浴用上必要なお知らせ

加水について:加水はしていません。

加温の理由 :入浴に適した温度を保つため加温しています。

循環の理由 :衛生上、お湯の清浄を保つため循環ろ過しています。

入浴剤の名称又は消毒方法及びその理由:

入浴剤の使用はありません。衛生管理のため塩素系薬剤による消毒を実施しています。

 

浴用上の注意事項

1 温泉療法を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日あたり1回程度とすること。その後は、1日当たり2回ないし3回までとすること。

2 温泉療法のための必要期間は、おおむね2ないし3週間を適当とすること。

3 温泉療法開始後おおむね3日ないし1週間前後に湯あたり(湯さわり又は浴湯反応)が現れることがある。「湯あたり」の間は、入浴回数を減じ又は入浴を中止し、湯あたり症状の回復を待つこと。

4 以上のほか、入浴には次の諸点について注意すること。

 1.入浴時間は、入浴温度により異なるが、始めは3分ないし10分程度とし、慣れるに従っても延長してもよい。
 2.入浴中は、運動浴の場合は別として、一般には安静を守る。
 3.入浴後は、身体に付着した温泉の成分を水で洗い流さない。(湯ただれを起こしやすい人は、逆に浴後真水で体を洗うか温泉成分を拭き取るのがよい。)
 4.入浴後は湯冷めに注意して一定時間の安静を守る。
 5.次の疾患については、原則として高温浴(42℃以上)を禁忌とする。
  ア 高度の動脈硬化症 イ 高血圧症 ウ 心臓病
 6.熱い温泉に急に入ると、めまい等を起こすことがあるので十分注意をする。
 7.食事の直前、直後の入浴は避けることが望ましい。
 8.飲酒しての入浴は特に注意する。
 
禁忌適応症決定年月日:平成24年8月23日
決定者:長野県 上田保健所長 医師 宮川公子
(作成 長野県温泉協会)
 
株​式​会​社​長​和​町​振​興​公​社​の​位​置​
qrcode.png
https://nagawamachi.jp/
モバイルサイトにアクセス!
200737
<<長和町振興公社>> 〒386-0603 長野県小県郡長和町古町2436-1 TEL:0268-41-2067 FAX:0268-41-2068