ブランシュたかやまスキーリゾート
〒386-0601
長野県小県郡長和町大門3652
TEL.0268-69-2232
FAX.0268-69-2540
信州 立岩和紙の里 
〒386-0603
長野県小県郡長和町古町22-1
TEL.0268-68-3874
FAX.0268-68-3895
長門温泉やすらぎの湯
〒386-0603
長野県小県郡長和町古町2436-1
TEL.0268-68-2601
FAX.0268-75-2601
和田宿温泉ふれあいの湯
〒386-0701
長野県小県郡長和町和田4329
TEL.0268-88-0001
FAX.0268-88-0022
姫木平自然の家
〒386-0601
長野県小県郡長和町大門3515-29
TEL.0268-69-2417
FAX.0268-69-2424
 

代表よりごあいさつ

   
社長就任と新年のご挨拶
株式会社 長和町振興公社
代表取締役社長 西藤栄二
   
 明けましておめでとうございます。
 皆様には2018年の輝かしい新春をお健やかにお迎えのこととお喜び申し上げます。
さて私は、昨年11月30日に開催された㈱長和町振興公社の株主総会および、その後の取締役会において、代表取締役を任ぜられ、社長職を前羽田社長から12月1日付で引き継ぎました。
 新たな体制で出発することになりました㈱長和町振興公社を代表して、就任と新年のご挨拶を述べさせていただきます。

 株主総会では、3年という取締役の任期が満了となった役員の改選と体制の変更を行いました。体制の変更については、公社が展開しているそれぞれの事業部門ごと担当取締役を置き、取締役の権限で各部門を動かしていた担当取締役制を廃し、社長直轄に変更しました。また、3人の取締役(田中,竹内,有賀)が勇退され、新たに2人の取締役(丸山,竜野)を選任し、取締役は5名体制としました。
   
 振興公社の歴史を振り返ってみますと、平成12年6月今まであった長門町振興公社を、株式会社として、企業的経営感覚の導入、独立採算制の追求、各事業所の一層の経営改善と効率的な事業運営を図り、地域の振興と住民生活・文化の向上に寄与するといった高い理想をもって設立されました。
 株式会社とした理由は、濃密なサービスとより専門的な対応を図るためには、行政が運営するには限界があり、民間活力の導入と住民参画により効率的で効果的な事業運営を図るためでありました。
 背景には、バブル景気後の長期にわたる景気の低迷の中で、行政はスリム化と効率化を余儀なくされ、そのための方策として第3セクターへの業務委託が始まり、その後、行政のスリム化の流れは平成の大合併へと繋がっていきました。この間、長門町振興公社は行政の合併に伴って長和町振興公社となり、ふれあいの湯の管理委託業務が追加となり、その後、八王子市の宿泊施設の管理も受託するようになり、「委託」は法整備に従って「指定管理」となって現在に至っています。
 お蔭さまで、18期、19期(昨年)は黒字決算でありました。中身を見ると指定管理料を含めての黒字でありますので決して健全経営であるとは言えません。厳しい環境にあることに変わりはありませんが、少しは光明が見えてきたのも事実です。
 振興公社で行っている事業は、いずれも地域住民の期待を基に立ち上げたものであり、皆さんに喜んでいただいている施設です。不採算だからと事業を中止することはできません。経営陣と従業員とが共通の認識と目標、強い意志を持って、①公社の事業はサービス業であることを強く認識し常にお客様の立場に立った接客対応に心掛ける。②向上心を持って仕事に取り組む。③コストパフォーマンスを常に意識する。④笑顔を忘れず楽しく行う。ことに心がけてまいります。
 新しい年が、皆様にとっても素晴しい年でありますようにご祈念申し上げまして年頭の挨拶とさせて頂きます。
 
   
長和町振興公社本部移転について
   
長和町振興公社はこの7月から本部事務所をやすらぎの湯からブランシュたかやまスキー場事務所内に移転いたしました。
 
振興公社の事業には、ふるさとセンターのように伝統産業の保存継承や、温泉施設のように住民の福祉の向上に寄与する事業など福祉的要素が高く、町民の皆さんに喜んで利用頂いている事業もあれば、公社の基幹産業であるスキー事業のように、赤字経営が続くようなら、事業からの、撤退も視野にいれなければなりません。このように公社の事業であっても、町からの支援を受けやすい事業と、スキー場のように、独立採算性を追求し一層の経営改善と効率的な事業運営を求められている事業があります。 
 従いまして、公社にとっても町にとってもスキー場の健全経営は、待ったなしの第一級の課題であり、公社全体が一丸となって取り組まなければならない問題であります。各部門が強い意思を持って共通の認識と目標を持たなければない問題であり、それをコントロールする本部は、スキー場全体を肌で感じることができるスキー場内事務所にこそ置くべきであります。また、本部の移転は、スキー場にかける振興公社の決意と意気込みを内外に知らしめるものでもあります。
以上の理由から本部を移転しました。なれ親しんできた本部事務所の位置が変わるということは、違和感があり、ご不便をお掛けすることもあるかと思いますが、ご理解を賜わりたいと存じます。
平成30年9月吉日
株​式​会​社​長​和​町​振​興​公​社​の​位​置​
qrcode.png
https://nagawamachi.jp/
モバイルサイトにアクセス!
198471
<<長和町振興公社>> 〒386-0603 長野県小県郡長和町古町2436-1 TEL:0268-41-2067 FAX:0268-41-2068